おすすめは?2018年向け年賀状ネット印刷・年賀状アプリ比較

投稿日:

さんかく
この記事では、2018年用年賀状のネット印刷とアプリについて纏めたものをご紹介します。

1.年賀状Webサービス・アプリまとめ5選

1-1.ウェブポ

ウェブポは富士フイルムイメージングシステムズ株式会社と日本郵便株式会社が連携して提供する年賀状ネット印刷サービスです。

価格 
使いやすさ 
デザインの豊富さ 
総合評価 

料金

基本料金 なし
宛名印刷 可能・無料
1枚あたり印刷代(税込) 78円/枚
10枚以上なら70円/枚
50枚以上なら54円/枚
100枚以上なら50円/枚

※上記の他、ハガキ代52円/枚が必要

価格表(ハガキ代込、税込) 10枚1,220円
30枚3,660円
50枚5,300円
100枚10,200円

配送と支払い

21時までの注文で翌営業日出荷です。

投函代行(手元に届けず直接年賀状として投函してもらうサービス)は無料。

自宅への配送はゆうパケット(ポスト投函、補償なし)が324円(10枚以上の注文で無料)、ゆうパック(手渡し、補償あり)が540円(101枚以上の注文で無料)です。

支払い方法はクレジットカード、コンビニ後払い、代引きから選択可能です。

アプリの有無

ウェブポはスマホアプリからも注文可能です。

iOS9.0以降、Android4.4以降に対応しています。

1-2.ネットで年賀状(スマホで年賀状)

ネットで年賀状は株式会社CONNECTIT(コ)と日本郵便株式会社が連携して提供する年賀状ネット印刷サービスです。

スマホアプリ版は「スマホで年賀状」というサービス名称になります。

価格 
使いやすさ 
デザインの豊富さ 
総合評価 

料金

基本料金 なし
宛名印刷 可能・無料
1枚あたり印刷代(税込) 78円/枚
10枚以上なら71円/枚
30枚以上なら63円/枚
50枚以上なら55円/枚

※上記の他、ハガキ代52円/枚が必要

価格表(ハガキ代込、税込) 10枚1,230円
30枚3,450円
50枚5,350円
100枚10,700円

配送と支払い

15時までの注文で翌営業日出荷です。

投函代行(手元に届けず直接年賀状として投函してもらうサービス)は無料。

自宅への配送はゆうパック(手渡し、補償あり)にて650円です。

支払い方法はクレジットカード、コンビニ後払い、Yahoo!ウォレット決済、携帯キャリア決済から選択可能です。

アプリの有無

「スマホで年賀状」というアプリがあります。

iOS9.3以降(iPhone6以降)、Android4.2以降に対応しています。

スポンサーリンク



1-3.ポスコミ


ポスコミは鳥取県米子市の印刷会社エッグが運営する年賀状ネット印刷サービスです。

価格 
使いやすさ 
デザインの豊富さ 
総合評価 

料金

基本料金 なし
宛名印刷 可能・無料
1枚あたり印刷代(税込) 73円/枚(11/30までの早割)
100枚以上なら約69円/枚

※上記の他、ハガキ代52円/枚が必要

価格表(ハガキ代込、税込) 以下は11/30までの早割価格です。
10枚1,254円
30枚3,763円
50枚6,272円
100枚12,112円

配送と支払い

朝10時までの注文で当日出荷です。

投函代行(手元に届けず直接年賀状として投函してもらうサービス)は無料。

自宅への配送は佐川急便にて700円です。

支払い方法はクレジットカード、銀行振込から選択可能です。

アプリの有無

2017年11月3日現在、ポスコミのアプリはありません。

1-4.しまうまプリント


しまうまプリントはしまうまプリントシステム株式会社が運営する年賀状ネット印刷サービスです。

価格 
使いやすさ 
デザインの豊富さ 
総合評価 

料金

基本料金 2,138円(税込)
宛名印刷 可能・無料
1枚あたり印刷代(税込) 30円/枚

※上記の他、ハガキ代52円/枚が必要

価格表(ハガキ代込、税込) 10枚2,982円
30枚4,598円
50枚6,358円
100枚10,578円

配送と支払い

23時59分59秒までの注文で翌日出荷です。

自宅への配送はゆうパックにて無料です。

支払い方法はクレジットカード、コンビニ後払い、代引から選択可能です。

アプリの有無

「しまうま年賀状」というスマホアプリがあります。

iOS、Androidともに対応しています。

1-5.ノハナ年賀状

ノハナ年賀状は株式会社ノハナが運営する年賀状アプリです。

価格 
使いやすさ  
デザインの豊富さ 
総合評価 

料金

基本料金 なし
宛名印刷 不可
1枚あたり印刷代(税込) 108円/枚
50枚以上なら5%オフ
70枚以上なら12%オフ
90枚以上なら20%オフ

※上記の他、ハガキ代52円/枚が必要

価格表(ハガキ代込、税込) 10枚1,600円
30枚4,800円
50枚7,730円
100枚13,840円

配送と支払い

自宅への配送はゆうパケット(ポスト投函、補償なし)が324円、ゆうパック(手渡し、補償あり)が648円です。

支払い方法はクレジットカード、代引き、携帯キャリア支払いから選択可能です。

アプリの有無

ノハナ年賀状はアプリのみのサービスです。

iOS、Androidともに対応しています。

スポンサーリンク



2.比較

2-1.価格比較

10枚の料金

ウェブポ 1,220円
ネットで年賀状 1,230円
ポスコミ 1,254円
ノハナ年賀状 1,600円
しまうまプリント 2,982円

30枚の料金

ネットで年賀状 3,450円
ウェブポ 3,660円
ポスコミ 3,763円
しまうまプリント 4,598円
ノハナ年賀状 4,800円

50枚の料金

ウェブポ 5,300円
ネットで年賀状 5,350円
ポスコミ 6,272円
しまうまプリント 6,358円
ノハナ年賀状 7,730円

100枚の料金

ウェブポ 10,200円
しまうまプリント 10,578円
ネットで年賀状 10,700円
ポスコミ 12,112円
ノハナ年賀状 13,840円

トータルで見て、「ウェブポ」が安定して安価ですね。

30枚の注文なら、「ネットで年賀状」の価格が下回りました。

「しまうまプリント」は基本料金がある分、枚数が少ないと割高感があります。

2-2.デザインの豊富さ

しまうまプリント 1,000種類以上
ポスコミ 800種類以上(推計)
ネットで年賀状 700種類以上
ウェブポ 600種類以上(推計)
ノハナ年賀状 300種類以上

しまうまプリントが1,000種類を超える豊富なデザイン数を誇ります。
ノハナ年賀状は他のサービスと比較するとやや少なめですね。

2-3.特徴

ウェブポ ・ウェブ、アプリの両方から注文可能
・日本郵便株式会社が関与しており信頼性が高い
・価格が安い
・初心者にも分かりやすい操作画面
ネットで年賀状 ・ウェブ、アプリの両方から注文可能
・日本郵便株式会社が関与しており信頼性が高い
・手持ちのハガキから宛先をデータ化してくれるサービス有
・デザインスタンプが豊富
ポスコミ ・迅速な発送
・アプリはなし
しまうまプリント ・基本料金が必要
・デザイン種類が豊富
・追加料金でシルキー紙仕上げが可能
ノハナ年賀状 ・アプリのみ
・宛名印刷不可
・デザイン性に定評有

3.おすすめの年賀状ネット印刷・年賀状アプリは?

ここまでの比較を踏まえ、私がオススメするサービスは「ウェブポ」です。
価格・使いやすさ・デザイン数のバランスがとても高いレベルで整っています。

次点は「ネットで年賀状」です。
こちらも各要素がバランス良く整っています。
スタンプが豊富ですので、デザイン重視の方はこちらを選択しても良いでしょう。

厳しい結果となったのはノハナ年賀状。
デザイン種類が少ないことと、価格が他のサービスと比較して割高である点が不利です。
また、宛名印刷が出来ないこともマイナスですね。

いずれにしても、年賀状ネット印刷、年賀状アプリは、一度使えば宛先データを翌年以降も流用できるので、とても利便性が高いサービスです。
年末年始の時間を有効活用するためにも、是非ご利用されてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク


さんかく
以上が、2018年向け年賀状ネット印刷と年賀状アプリに関するご紹介でした。最後まで読んでいただきありがとうございました。
↓少しでもお役に立てたなら、以下ボタンからシェアをお願いします!

-雑記
-

Copyright© さんかくブログ , 2019 All Rights Reserved.