楽天ポイントのANAマイル交換レートを50%から90%に上げる方法。期間限定ポイントも交換できます。

投稿日:2017年6月29日 更新日:

<重要!>
本記事で紹介している方法について、「ドットマネー」と「PeX」からのメトロポイントへの交換が2018/3/31をもって終了することになりました。
そのため、本記事で紹介している交換レートは4月から変更になります。
詳しくは後日記事にしますが、今後は「LINEポイント」がメトロポイントを貯めるための主軸になります。


楽天ポイントは標準サービスとしてANAマイルに交換が可能です。

楽天ポイント2ポイントにつきANAマイル1マイルに交換可能ですので、通常の交換レートは50%ですが、このレートは決して高いとは言えません。

しかし、これからご紹介する方法であれば、非常に簡単な方法で交換レートを90%にまで上昇させることができます。

なお、期間限定ポイントについても、約80%のレートでANAマイル化できます。

期間限定ポイントの交換については本記事の2章でご紹介しています。

1.楽天ポイントを90%の高レートでANAマイルに交換する方法

1-1.準備するもの

準備するものは大きく分けて2つだけです。

ソラチカカードとは、正式名称「ANA To Me CARD PASMO JCB」という、ANAカードの一種です。

これらの使い方は次の章で詳しくご紹介します。

1-2.高レート交換の手順

楽天ポイントを90%のレートでANAマイルに交換する方法は以下の通りです。

<マイルへの交換手順>
  1. 楽天ポイントを楽天Edyに交換する。(楽天の標準サービスです)
  2. 楽天Edyを日頃の買い物で利用し、その分の現金を浮かせる。
  3. 2で浮かせた現金を使い、モッピーかちょびリッチの「100%還元案件」を利用する。
  4. 100%還元案件で得られたモッピーポイントorちょびポイントをソラチカカードを使ってANAマイルに交換する。

詳しく見ていきましょう。

1-2-1.楽天ポイントを楽天Edyに交換する。

楽天ポイントは1ポイント→1円分のレートで楽天Edyに交換することができます。

楽天Edyについてはコチラの公式ページを参照してください。

1-2-2.楽天Edyを日頃の買い物で利用し、現金を浮かせる。

楽天Edyはセブンイレブンやファミリーマート等のコンビニを初めとして、マクドナルド、マツモトキヨシ、紀伊国屋書店等の幅広い業種で使える電子マネーです。

手順1で楽天ポイントから交換した楽天Edyを日頃の買い物で利用すれば、使うはずだった現金を浮かすことができます。

例えば、1,000円分の買い物を楽天Edyで決済した場合は、1,000円現金が浮いたと考えてください。

1-2-3.浮かせた現金を使い、モッピーかちょびリッチの「100%還元案件」を利用する。

モッピー」と「ちょびリッチ」はお小遣いサイト・ポイントサイトと呼ばれるサイトで、日常生活の様々な行動でポイントを貯めることができます。

そして、モッピーとちょびリッチで貯めたポイントは、ソラチカカードを所持していれば90%という高レートでANAマイルに交換することができます。
(詳しい交換方法については1-2-4で紹介します)

楽天ポイントをANAマイルに高レートで交換するために利用するモッピーとちょびリッチのサービスは、「100%還元案件」です。

100%還元案件とは、「ある商品を購入すると、その商品の金額と同等のポイントが還元される」案件です。
例えば、以下のようなものです。

上記は、焼酎を税込2,138円で購入すると、2,138モッピーポイントが付与されるという案件です。

先ほど、モッピーポイントは90%の高レートでANAマイル化できるとご紹介しましたので、2,138円の焼酎を購入することで、1,924マイルものANAマイルを獲得できることになります。

こちらはちょびリッチの案件。
月額2,160円の会員登録を行うことで、2,160円相当の4,320ポイント(ちょびリッチのポイントは2ポイント=1円分の価値)を得ることができます。

楽天Edyの利用で浮いた現金を使って、上記のような「100%還元案件」を利用すれば、楽天ポイントを90%の交換レートでANAマイルに交換できるということになります。

例を挙げてみましょう。

<マイルへの交換例>
  1. 楽天ポイント1,000ポイントを楽天Edy1,000円分に交換する。
  2. 楽天Edy1,000円分を日頃の買い物に利用し、現金1,000円を浮かせる。
  3. 浮いた現金1,000円でモッピーかちょびリッチの「100%還元案件」を利用し、1,000円相当のポイントを獲得する。
  4. 1,000円相当のポイントを90%のレートでANAマイル化し、900マイルを獲得。

上記のように、楽天ポイント1,000ポイントが最終的に900マイルになりました。

↓モッピーの登録はこちらから
モッピー!お金がたまるポイントサイト
↓ちょびリッチの登録はこちらから
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

1-2-4.モッピーポイントとちょびポイントを90%の高レートでANAマイルに交換する方法。

モッピーポイントとちょびポイントは90%のレートでANAマイル化できるとご紹介しましたが、そのためにはソラチカカードの所持が必要です。

その理由は、ソラチカカードを所持していれば、メトロポイント(東京メトロのポイント)を90%のレートでANAマイルに交換できるという特典があるからです。(通常は60%)
そして、モッピーポイントとちょびポイントは、「PeX」か「ドットマネー」というポイントサイトを経由してメトロポイントに100%のレートで交換することができます。

図示すると以下の通りです。

<モッピーポイントとちょびポイントをANAマイルに交換する流れ>

詳しくは以下の記事に記載してありますので、ご覧ください。

<↓詳しくはこちらから>

2.楽天の期間限定ポイントも80%のレートでANAマイル化できます

2-1.楽天Edy利用ルートの欠点

1章で紹介した方法の唯一の欠点は、期間限定ポイントは楽天Edyに交換できないということです。

楽天の買い物で付与されるポイントのうち、お買い物マラソンやスーパーセールで付与されるボーナスポイントは基本的に期間限定ポイントなので、それを交換できないとANAマイルに交換できるポイントが相当限られてしまいます。

しかし、ある工夫をすれば、楽天の期間限定ポイントを80%の交換レートでANAマイルに交換することができます。

2-2.準備するもの

準備するものは1章と全く同じで、大きく分けて2つだけです。

ソラチカカードとは、正式名称「ANA To Me CARD PASMO JCB」という、ANAカードの一種です。

2-3.楽天の期間限定ポイントを高レートでANAマイル化する方法

この方法の手順は以下の通りです。

<マイルへの交換手順>
  1. 楽天市場で、期間限定ポイントを使って「ギフトカード」を購入する。
  2. 購入したギフトカードを日頃のショッピングで利用し、現金を浮かせる。
  3. 2で浮かせた現金を使い、モッピーかちょびリッチの「100%還元案件」を利用する。
  4. 100%還元案件で得られたモッピーポイントorちょびポイントをソラチカカードを使ってANAマイルに交換する。

詳しく見ていきましょう。

2-3-1.楽天市場で、期間限定ポイントを使って「ギフトカード」を購入する。

楽天市場は「ギフトカード」を取り扱っています。

これらの商品は期間限定ポイントを利用できるものが多いです。

金額はマチマチではありますが、大体、1100円前後で1000円のギフトカードを入手することができます。
つまり、約90%での交換レートで、楽天ポイント(期間限定ポイントも可)をギフトカード化できるということです。

2-3-2.購入したギフトカードを日頃のショッピングで利用し、現金を浮かせる。

ここは1章と同じ要領です。

手順1で入手したギフトカードを日頃の買い物で利用すれば、使うはずだった現金を浮かすことができます。

例えば、1,000円分の買い物をギフトカードで支払いした場合は、1,000円現金が浮いたと考えてください。

2-3-3.浮かせた現金を使い、モッピーかちょびリッチの「100%還元案件」を利用する。

これ以降も1章と同じ要領です。
説明が重複する部分がほとんどですので、1章を読んだ方は読み飛ばしていただいて問題ありません。

モッピー」と「ちょびリッチ」はお小遣いサイト・ポイントサイトと呼ばれるサイトで、日常生活の様々な行動でポイントを貯めることができます。

そして、モッピーとちょびリッチで貯めたポイントは、ソラチカカードを所持していれば90%という高レートでANAマイルに交換することができます。
(詳しい交換方法については2-3-4で紹介します)

楽天ポイントをANAマイルに高レートで交換するために利用するモッピーとちょびリッチのサービスは、「100%還元案件」です。

100%還元案件とは、「ある商品を購入すると、その商品の金額と同等のポイントが還元される」案件です。
例えば、以下のようなものです。

上記は、焼酎を税込2,138円で購入すると、2,138モッピーポイントが付与されるという案件です。

先ほど、モッピーポイントは90%の高レートでANAマイル化できるとご紹介しましたので、2,138円の焼酎を購入することで、1,924マイルものANAマイルを獲得できることになります。

こちらはちょびリッチの案件。
月額2,160円の会員登録を行うことで、2,160円相当の4,320ポイント(ちょびリッチのポイントは2ポイント=1円分の価値)を得ることができます。

楽天期間限定ポイントで購入したギフトカードの利用で浮いた現金を使って、上記のような「100%還元案件」を利用すれば、最終的に楽天期間限定ポイントを80%の交換レートでANAマイルに交換できるということになります。

例を挙げてみましょう。

<マイルへの交換例>
  1. 楽天の期間限定ポイント5,500ポイントでギフトカード5,000円分を購入する。
  2. 5,000円分のギフトカードを日頃の買い物に利用し、現金5,000円を浮かせる。
  3. 浮いた現金5,000円でモッピーかちょびリッチの「100%還元案件」を利用し、5,000円相当のポイントを獲得する。
  4. 5,000円相当のポイントを90%のレートでANAマイル化し、4,500マイルを獲得。

上記のように、楽天の期間限定ポイント5,500ポイントが最終的に4,500マイルになりました。

2-3-4.モッピーポイントとちょびポイントを90%の高レートでANAマイルに交換する方法。

モッピーポイントとちょびポイントは90%のレートでANAマイル化できるとご紹介しましたが、そのためにはソラチカカードの所持が必要です。

その理由は、ソラチカカードを所持していれば、メトロポイント(東京メトロのポイント)を90%のレートでANAマイルに交換できるという特典があるからです。(通常は60%)
そして、モッピーポイントとちょびポイントは、「PeX」か「ドットマネー」というポイントサイトを経由してメトロポイントに100%のレートで交換することができます。

図示すると以下の通りです。

<モッピーポイントとちょびポイントをANAマイルに交換する流れ>

詳しくは以下の記事に記載してありますので、ご覧ください。

<↓詳しくはこちらから>

以上が、楽天ポイントを高レートでANAマイルに交換する方法です。

この方法に欠かせない「モッピー」と「ちょびリッチ」は以下バナーから簡単に登録できます。

↓モッピーの登録はこちらから
モッピー!お金がたまるポイントサイト
↓ちょびリッチの登録はこちらから
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
<重要!>
本記事で紹介している方法について、「ドットマネー」と「PeX」からのメトロポイントへの交換が2018/3/31をもって終了することになりました。
そのため、本記事で紹介している交換レートは4月から変更になります。
詳しくは後日記事にしますが、今後は「LINEポイント」がメトロポイントを貯めるための主軸になります。

さんかく
この方法を活用して、どんどんANAマイルを貯めてください。
↓少しでもお役に立てたなら、以下ボタンからシェアをお願いします!

-マイル
-

Copyright© さんかくブログ , 2019 All Rights Reserved.