グルメ紹介-「鮨おおしお」@福岡の高コスパランチ

投稿日:2017年10月21日 更新日:

1.鮨おおしおの基本情報

1-1.場所

「鮨おおしお」は、福岡市営地下鉄空港線の赤坂駅が最寄駅です。

赤坂駅4番出口直結の西鉄赤坂ビルの地下1階にある飲食店街の一角にお店を構えています。

1-2.ランチの時間帯

ランチは11:30の開店から13:45(ラストオーダー)までとのこと。

私が伺ったのは平日金曜日の開店前。
11:10頃にお店に着いたところ、待ち客はなし。
11:20頃に、私の後ろに1人並ばれました。

11:30に開店すると、次から次にお客さんが入ってきます。
ランチは予約も可能のようで、予約なしのお客さんは11:45頃でも入店できない盛況っぷりでした。

ちなみに店内はカウンターが10席程度と、4人掛けのテーブルが3つ、それと奥に小上がりのスペースがあるようです。

スポンサーリンク



2.鮨おおしおのランチ内容

ランチは税込1,280円。

前半と後半の2皿に分けて提供されました。

前半


鮪赤身
烏賊(柚子胡椒で味付け)
関八
海老

烏賊は飾り包丁が入れられ、柚子胡椒で味付けされた工夫のある一品。
鮪は厚く食べ応えがありました。
その他の三カンはシンプルながらもシャリとの相性が良く美味しく頂きました。

そのシャリですが、色味と風味から赤酢を用いていると思われます。
空気を含んでフワッと握られていて、口の中で程よくほどけていきます。

シャリは少し大ぶりで、女性の方は「シャリ小さめで」とオーダーされていました。

ここで茶碗蒸しと赤だしが提供されました。

茶碗蒸しは熱々。
具は海老やキノコ等の具材が贅沢に入っていました。

赤だしは他の品と比較するとインパクトには欠けますが、間違いのない上品な味。

後半

いなり
サーモン炙り
蕪(漬物)
山芋(巻寿司)
鯖(押寿司)
かっぱ巻
たまご

前半はシンプルで王道を感じさせる握りでしたが、後半はまるでコース料理の一皿のように彩り鮮やかかつ趣向を凝らした品が並べられました。
見た目もさることながら、様々な味を楽しむことができますので、とても満足度が高いです。

スポンサーリンク



3.鮨おおしおのランチを頂いた感想

計12カンに茶碗蒸しと赤だしがついて税込1,280円は驚異的なコストパフォーマンスだと思います。
東京だと2,000円程度の値が付けられると思います。

コスパもさることながら鮨そのもののクオリティも高いと感じましたので、機会があれば是非夜も来てみたいと思わせてくれるお店です。

強いて気になることがあるとすると店員の女性同士がちょっとピリピリとした雰囲気を出すことくらいでしょうか。
大将はどっしりと落ち着いてあまり多くを語らない感じです。

トータルとして素晴らしいお店だと思いますし、人気があるのも頷けます。
福岡に行った際には是非足を運びたいお店ですね。

スポンサーリンク


さんかく
以上が、福岡の赤坂に店を構える「鮨おおしお」のランチのご紹介でした。最後まで読んでいただきありがとうございました。
↓少しでもお役に立てたなら、以下ボタンからシェアをお願いします!

-グルメ
-, ,

Copyright© さんかくブログ , 2019 All Rights Reserved.