グルメ紹介-オンギージョンギー(北浦和)のランチ

投稿日:2017年10月29日 更新日:

さんかく
この記事では埼玉県さいたま市の北浦和駅にある韓国料理店「オンギージョンギー」のランチについてご紹介します。

1.オンギージョンギーへのアクセスとランチ営業時間

アクセス


オンギージョンギーはJR京浜東北線の北浦和駅が最寄駅です。
北浦和駅東口を出て徒歩3〜5分程度の場所にあります。

↓地図はこちら。

ランチタイム

ランチの時間は11:30〜15:00まで。
14:30がラストオーダーです。

土日もランチはやっています。
私が伺ったのは日曜日の11:50頃でしたが、既に先客がおり、12時を過ぎるとほぼ満席になっていました。

なお、月曜日は定休日なのでご注意ください。

2.オンギージョンギーのランチメニュー


こちらがランチメニューです。(クリックで拡大)
見づらい方は以降の写真の方を参照してください。


こちらは2名以上で注文可能な「お楽しみコース」。
キムチ盛り合わせ、チャプチェ、韓国風冷奴、肉料理、チヂミ等、少しずつ色々なメニューを楽しめるコースですね。


そしてこちらも2名以上で注文できる「トントンコース」。
サムギョプサルに食事メニュー(ご飯&ユッケジャンスープ、ビビンパ&スープ、冷麺から1種を選択)が付いてくるボリューム満点のコースです。


「お楽しみコース」と「トントンコース」には90分飲み放題が税込1,000円で付けられるそうです。


こちらは定食もの。
税込+100円でライスをビビンパに変更することができます。
また、それぞれ税込+200円で「ライスを石焼ビビンパに変更」「スープをユッケジャンスープに変更」することができます。

スポンサーリンク



3.スペアリブ定食を実食

この日オーダーしたのはスペアリブ定食です。
以前妻が食べてとても美味しかったらしいので、2人ともスペアリブ定食にしてしまいました。


こちらがそのスペアリブ。結構なボリュームの骨つき肉が2本提供されます。
箸で簡単に切れるほどホロホロに煮込まれており、最後には骨しか残らないほどお肉部分がスルリと取れました。
味付けも甘辛くご飯がすすんでしまいます。

ただ、以前平日に妻が食べた時より野菜などのボリュームがかなり少なかったとのこと…
平日と休日で差をつけているのか…?価格は同じなんですがね。


私は+100円してライスをビビンパに変更してもらいました。
結構なボリュームでしたが、スペアリブに負けない存在感でランチビールのツマミ感覚でペロリと食べてしまいました。
これで+100円は嬉しいですね。


妻は+200円してスープをユッケジャンスープにしていました。
私も一口もらいましたが、これがとても美味しかった!
見た目ほど辛すぎず深みのある味わいで、家庭ではなかなか出せそうにない味でした。
妻曰くご飯との相性も抜群とのこと。

完食するとお腹いっぱい。
平日とのボリューム差はやや気になるところですが、お腹いっぱいになりますし、何よりどの料理もとても美味しいので満足度が高いです。

次回はトントンコースに飲み放題をつけて贅沢ランチをしようと妻と誓った一日でした。

4.追記:プルコギ定食を食べて見ました

2017/12に再訪しました。
日曜のランチタイム。店内は満席で、待ち客も出ていました。待つ場合は電話番号を伝えておけば、空き次第連絡してもらえるようです。

この日食べたのはプルコギ定食。


200円追加してスープをユッケジャンスープにしてもらいました。


プルコギはボリューム満点で、食べきるのがキツかったです。
女性だと完食できない方もいるのではないかと…

味については、正直スペアリブほどの感動はありませんでした。
よくあるプルコギの味という感じです。
再注文はないかな…

ユッケジャンスープは相変わらず美味しかったです。

スポンサーリンク


さんかく
以上が、オンギージョンギーのランチに関するご紹介でした。最後まで読んでいただきありがとうございました。
↓少しでもお役に立てたなら、以下ボタンからシェアをお願いします!

-グルメ
-,

Copyright© さんかくブログ , 2019 All Rights Reserved.