キャンプ道具レビュー-エリッゼステーク&アルティメットハンマー

投稿日:2017年7月9日 更新日:

さんかく
本日は村の鍛冶屋というブランドのペグ「エリッゼステーク」と「アルティメットハンマー」についてご紹介します。

1.村の鍛冶屋について

「村の鍛冶屋」は新潟県三条市のアウトドア用品メーカー山谷産業のECサイト・ブランド名です。

三条市といえば、スノーピークやパール金属(キャプテンスタッグのメーカー)等のメーカーが本社を置くアウトドアブランドのメッカです。

「村の鍛冶屋」の名を一躍広めたのは、これからご紹介する鋳造ペグ「エリッゼステーク」です。

2.エリッゼステークについて

2-1.基本情報

「エリッゼステーク」は主に楽天等のECサイトで購入できる鋳造ペグです。

これが一般的なタイプですね。長さは18cm,28cm,38cmとあります。
私は18cm・28cmはテントの張り綱、38cmはタープの張り綱として使い分けています。

このような色が付いたタイプもあります。
後ほど紹介しますが、これが結構便利なんです。

2-2.特徴

2-2-1.挿しやすく抜きやすい

エリッゼステークの使用感ですが、硬めの地面でも問題なく簡単に挿さっていってくれます。
風が強めの2泊のキャンプでも、最後までしっかりと地面に食い込んでくれていました。

また、嬉しいのはしっかりと挿さっていても抜きやすいという点です。


エリッゼステークを上から見てみると、正円ではなく、楕円型になっていることが分かります。

楕円型になっていることで、抜く際にまずエリッゼステークを90度回転させると、それまでの抵抗が軽減されて簡単に抜けてくれます。


後ほどご紹介する「アルティメットハンマー」を使ってエリッゼステークを回転させて抜きます。

さんかく
ペグの選択において、抜きやすさは挿しやすさ・キープ力と同じくらい重要だと思います。エリッゼステークは抜きやすさも考えて作られている点が秀逸です。
スポンサーリンク



2-2-2.色付きペグが嬉しい

エリッゼステークには黒の他に白・赤・青・黄などの色付きのモデルがあります。


私も38cmの白モデルを所持していて、タープ用に使っています。

色付きペグは、夕方や夜などの足元が見えづらい時に黒より認識しやすいため、引っかかって転倒してしまうリスクを下げることができます。

特にタープの張り綱は広範囲に伸びるので、色付きペグを使用した方が良いでしょう。

2-2-3.某社の同等品よりリーズナブル

エリッゼステークについて検討する際に必ず比較対象になる製品が、スノーピークの「ソリッドステーク」です。

ソリッドステークはエリッゼステークより先にリリースされていますし、大人気のスノーピーク製品ということで、多くのキャンパーに支持されているペグです。

私もペグを購入する際に、エリッゼステークとソリッドステークで迷いました。
エリッゼステークについては勝手な先入観で二番煎じの製品だと思っていましたし、スノーピーク製品に対する憧れもあったので、ソリッドステークに傾きかけていました。

しかし、エリッゼステークの口コミ評価が高かったことと、エリッゼステークはソリッドステークに比べてリーズナブルだったことが決め手となり、最終的にエリッゼステークを選択しました。

長さ

(カッコ内はソリッドステークの長さ)

エリッゼステーク

(1本あたり)

ソリッドステーク

(1本あたり)

18cm(20cm) 324円 350円前後
28cm(30cm) 約358円 450円前後
38cm(40cm) 約703円 900円前後

※価格は2017年7月9日時点で楽天市場で調べた価格です。時期・店舗によって変動します。

3.アルティメットハンマーについて

アルティメットハンマーは村の鍛冶屋が販売しているペグ用ハンマーです。

アルティメットハンマーは、本体の塗装とヘッドの塗装をそれぞれ2種類から選ぶことができます。

  • 本体塗装:カチオン塗装かクロームメッキ塗装(材質は同じ)
  • ヘッド塗装:真鍮かステンレス


私は本体はクロームメッキ、ヘッドは真鍮を選択しました。


ヘッド部のアップです。
これは3回程度使用した後です。もっと使って良い味を出させたいですね。


ヘッドの反対側にはペグを抜く際に利用するフックと穴があります。


フックで抜く時は、エリッゼステークの穴に差し込んで抜きます。


ハンマーの穴を使う際は、エリッゼステーク側のフックに引っ掛けて抜きます。
エリッゼステークを回転させて抜く時はこちらの方法がやりやすいです。

アルティメットハンマーは叩き心地も良く、見た目も格好良くてとても気に入っています。

さんかく
エリッゼステークとアルティメットハンマーは実用性とリーズナブルさを兼ね備えたコスパ抜群の製品だと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。
スポンサーリンク


↓少しでもお役に立てたなら、以下ボタンからシェアをお願いします!

-キャンプ
-

Copyright© さんかくブログ , 2019 All Rights Reserved.