アブに刺された際の症状と刺されないための対策について

投稿日:2017年10月21日 更新日:

キャンプにおけるリスクの1つに「虫」があります。

その中でも大変厄介なのがアブです。

私もキャンプで刺されたことがありますが、これがとても辛い!

この記事では、アブに刺された際の症状と、刺されないための対策についてご紹介します。

1.アブに刺された時の症状

1-1.患部の様子

こちらが刺された時の写真、見苦しいのでモザイクをかけますが、見たい方は画像をクリックしてください。

この時は両足の足首周りを3〜4箇所ずつくらい刺されました。というか皮膚を噛みちぎられたと言った方が正しいかもしれません。
くるぶしがどこなのか判別できないくらいに腫れ上がってしまいました。

1-2.刺された初日〜翌日の症状

刺されたのはおそらくキャンプでの夕食時。
山奥でしたし、近くに川も流れているということで、アブ対策としてハッカ油スプレーを準備し小まめに使っていましたが、効果はありませんでした。

夜テントに入ってから徐々に痒みを感じていましたが、ポイズンリムーバーもその時は所持していなかったので、応急処置もできず…
翌朝起きると、腫れと痒みがどんどん強くなってきました。

これは耐えられないと思い、帰りの道中でドラッグストアに寄って抗ヒスタミン軟膏を購入し塗ってみましたが、全く効かず…

家に帰って患部を冷やしてみたり温めてみたりしても全く症状は変わらず…

ついには歩こうとすると足首に強い痛みを感じるまでになってしまいました。

スポンサーリンク



1-3.刺された2日後以降の症状

翌朝(刺された2日後)、起きたら多少は症状が治まっていることを期待しましたが、全く改善しておらず。

日常生活に支障が出るレベルの腫れ・痒み・痛みだったので、大人しく皮膚科を受診することにしました。

皮膚科までの道のり、普段であれば5分も歩けば着く場所なのですが、足の痛みが強く一歩歩くだけでも本当にツラい。結果的に10分以上掛けてやっと辿り着きました。

苦労して辿り着いた皮膚科でしたが、診察は非常にアッサリとしたもの。
抗ヒスタミン軟膏を処方され、数日様子を見るようにとのことでした。

が、処方された抗ヒスタミン軟膏を塗って2日経っても症状はまるで改善されませんでした。
患部は相変わらず熱を持っていて激しい痒みがあり、歩くと足首に激痛が…

一向に改善の気配がないので、皮膚科を受診した2日後(アブに刺された4日後)に、別の皮膚科を受診しました。

本当に耐えられない痒み・痛みであることを切実に訴え、虫刺されにとてもよく効くという軟膏を処方してもらったところ、これが素晴らしい効果を発揮してくれ、翌日には症状が劇的に改善されていました。

1-4.完治するまで

二軒目の皮膚科を受診後、数日で腫れと痛みはほとんどなくなりました。
痒みの方は相当軽減されたものの、1週間以上は続きました。

ということで、腫れ・痛み・痒みが完全になくなったのは、アブに刺されてから2週間程度経ってからでした。
二軒目の皮膚科を受診していなければ、もっと掛かっていたでしょう。

また、刺された(というか噛まれた)箇所には傷跡が残ってしまいました。
3ヶ月以上経った今も、少し傷跡が分かります。

アブ、恐るべし…

スポンサーリンク



2.アブに刺されないために

2-1.ハッカ油は効果なし

個人差もあるかもしれませんが、アブ対策に有効と言われているハッカ油スプレーは全く効きませんでした。

かなり小まめに塗り直していましたが、そんなことお構いなしに刺されまくりました。

ハッカ油スプレーは1,000円以上のもので安くなかったので、効かないことはとても残念でしたね…

2-2.肌を露出しないことが一番

当然ながら、肌を隠すことが最も効果的な対策です。

私がアブに刺されたキャンプでは、ハーフパンツ+スパッツという組み合わせでしたが、靴下が短いタイプのものだったので、足首やくるぶし付近が露出していました。
アブは足首周辺を狙うことが多いようなので、まさに格好の餌食だったでしょう。

その反省を活かして、次のキャンプでは足首が隠れる長さの靴下とスパッツの組合せで肌の露出をなくしました。
すると、アブは何匹か飛んでいましたが、刺された箇所はゼロ!

薄い生地ならアブは噛み破ってしまうそうなので、できる限り厚手のものを着用しましょう。

長ズボンタイプが確実ですが、どうしてもハーフパンツを履きたい場合は、最近では生地は厚くても冷感や速乾機能に優れたスパッツもありますので、それらを利用すると良いでしょう。
ちなみに私はユニクロのエアリズムサポートタイツを着用していましたが、噛み破られることはありませんでした。

2-3.もし刺されてしまったら

肌の露出を抑えたとしても、刺されることはあるかもしれません。

そんな時はポイズンリムーバーで応急処置として毒抜きをし、速やかに皮膚科を受診しましょう。
市販の薬では効果に限界があります。

悪化すると本当に歩くことすら辛い状態になりますので、早めの皮膚科受診を強くお勧めします。

スポンサーリンク


さんかく
以上が、アブに刺された際の症状と、刺されないための対策のご紹介でした。最後まで読んでいただきありがとうございました。
↓少しでもお役に立てたなら、以下ボタンからシェアをお願いします!

-キャンプ
-

Copyright© さんかくブログ , 2019 All Rights Reserved.